今年のクリスマスも・・・・

あっという間に師走です。あまり年末気分ではなかったのですが街はすでに年末支度が完了していました。
 IMG_20161209_195614先日表参道に行ったらイルミネーションがきれいで一気に気分が年末モードになりました。

 

エクラには昨年に引き続き今年もTAKIBI BAKERYのシュトーレンが届きました。

IMG_20161212_232934

栗の渋皮煮入りの大人のシュトーレンです。パッケージも相変わらず素敵ですねー。

 

こちらのシュトーレンを12月19日(月)~12月25日(日)までにご来店のお客様にアフターティーと一緒に添えて召し上がっていただこうと思っています。

今なら12月24日、25日に空きがございます!

クリスマスイブとクリスマスの当日になってしまいますが今年一年の頑張った自分へのクリスマスプレゼント For ME!ということでトリートメントはいかがでしょうか?

ご予約お待ちしております。

 
☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

精油のセミナーに参加してきました

アロマセラピストやインストラクターだけでなく、アロマテラピーを生活に取り入れている方ならやはり本物の精油を手に入れたいと願っていますよね。

 

今日は私も所属している魔女ラボ主催の精油のセミナーに参加してきました。 講座タイトル 「精油の化学的分析方法と偽和の検出方法」 パッとタイトルを聞いて難しいそう・・・ついていけるかしらん・・・ と不安になっていましたが本当に楽しくそしてちょっと衝撃的な講座でした。  

FB_IMG_1479397156689

講師の近畿大学農学部 農学生産科学科 

植物・人間関係学研究室 助教 富 研一先生

 

おじいちゃん教授を想像していましたがお若い!!

 

富先生はアロマコロジー(香りが人日与える心理・生理的影響についての化学的評価。アロマ(香り)とサイコロジー(心理学)を組み合わせた造語)という学問分野を専門にされています。

アロマコロジーの研究には香りのどの成分が影響し、その効能を発揮しているかを調べなくてはならないことから日本でも数少ない精油の成分分析の専門家でもあります。

 

そして富先生は開口一番「アロマセラピーの世界をどうにかしたい一心でこの研究をしています!」とおっしゃいました。

そして「このままではやばいですよ・・」とも。

このやばいという言葉の中には生産者や販売する側の大人の事情も含まれていることも。。。。

精油の分析方法の基礎知識や原理、精油分析表の見極め方など化学に弱い人でもわかりやすいように終始笑いをおりまぜながらの講義でしたがブログではちょっと書けない衝撃的なお話しも含まれていたので、精油を使っているものとしてのきちんとした「立ち位置」の重要性を考えさせられた講座でした。

そしてもっともっと富先生のような精油の研究をする方が増えて化学的なエビデンスが確立していったらよいなと感じました。    

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

 

化粧品選びは楽しくもあり大変でもあり・・

化粧品紹介の続き書きます!と書いておりましたが、紹介文は今日はお休み。

 

ここ数か月といいますかサロンオープン当初からなんですけれど化粧品は常にいろいろと試しています。

エクラはアロマテラピーのボディとともにフェシヤルメニューも行っています。

化粧品選びはサロン開業時からしてきたこと。

気になるものはサンプルを取り寄せて実際に使ってみることをずっと続けています。

そしてアイテムごとに気になったものはどんどんと導入してみています。

オーガニックコスメブームも続いているので続々と新しいビオコスメが誕生していますが、実際にサロンで使うとなると、できるだけナチュラルなもので、よい香り(天然香料)で日々のスキンケアの時間がワクワクするような化粧品、そしてアラフィフの「ゆらぎ」の多い気持ちやお肌をやさしくケアし、きちんとエイジングケアも叶い、コストパフォーマンスがよく、作り手の思いに賛同したくなるコスメというのを選ぶ基準にしてきました。(条件多い(+_+))

でも、これがなかなか難しい・・・。

お取引をさせていただいてからでなかればわからないこともあったり。

 

そして私が使ってすごくよいと思った化粧品でもお客様の肌質は千差万別。そのお客様にとってはベストかどうかわかりません。

サロンで行うフェイシャルでは一つの化粧品メーカーをラインで使う場合もありますが、それぞれのアイテムをお客様のお好みやお肌の状態に合わせて組み合わせていきます。

ここ数日、新しく仲間になった「エキア」のご紹介をしていますが、まだまだいろいろな化粧品のサンプルを取り寄せています。

サロンで扱っていない商品に関してもお肌の悩み別にアドバイスができるように化粧品を試すことは大変ではありますが、いろいろなお客様のお肌を想像しながら行っているので楽しくもあるのです。

 

 

  ☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

 

webマガジン「キレイの先生」後編

私はもう吹き出物しかでませんが・・・・・・

 

ニキビを東洋医学的な考えから分類してどこでも行える簡単なツボ押しをご紹介しています。

webマガジン「キレイの先生」後編がアップされましたー。

http://kireinosensei.com/1200061/

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

WEBマガジン「キレイの先生」に記事を書きました

webマガジン キレイの先生 http://kireinosensei.com/1100109/ 

記事を書かせていただいてます!

 

今回は美容にいいツボ押しについて。

 

そもそもツボって何?というところからわかりやすくお伝えできるよう心がけました。

ご興味あるかたはぜひご覧くださいね。

 

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

精油と一緒に応援しちゃいます!

精油が増えすぎて精油ボックスに入りきらず大容量で2段になっている精油ボックスをオーダーメードで注文してしまったエクラのセラピスト南雲です。

 

普段はあまりお客様のことはブログに書かないんですけどね・・・・。お客様にはブログに書くことを了解いただいたので書いちゃいます。

Bottle of essential oil with herb holy basil leaf, rosemary,oreg

今日のお客様、いつもは施術後に次のご予約を入れて行かれるので前日予約などはなさらないんですが、突然の予約でご来店。

あ、お仕事忙しくて疲れてるのかな。と思っていたのですがお話しを聞くと実は12月いっぱいで会社を転職することにしたんだそう。

16年務めた会社を「50歳のふしめだし、やりたいことがあるからさ」という理由で転職!

か・かっこいい・・・・・

 

そんな彼女が選んだボディ用のブレンドにブラックスプルースが・・・・。

 

ブラックスプルースはマツ科の植物で葉を水蒸気蒸留して得られる精油です。

エステル類の酢酸ボルニルやモノテルペン炭化水素類のカンフェン・αピネンを多く含有し、主な作用として強壮、去痰、抗炎症、抗感染、コーチゾン作用(コーチゾン=副腎皮質ホルモンの一つでコルチゾンともいう。抗アレルギー、抗炎症作用が強い)などがあります。

そして、この木は樹木の生えるうる北の極限線といわれている地域にまで生えているたくましい樹木なのです。

そう、厳しい状況下でもけしてへこたれずに太い幹を大地にのばします。

そんな精油が新しい挑戦をする彼女にはぴったりだと感じたのです。

 

そして「人前にでるお仕事だから、ファッションや美容にも気をつけなきゃね」と笑う彼女にはフェイシャル用のオイルでローズオットーをセレクト。

50本近くの花から1滴の精油しか取れない特別な精油です。

古代から美・愛のそして完全なるものの象徴として使われてきた香り高い精油。香りの女王とも呼ばれていますね。

 

たくましく、そしてしなやかに美しく!50歳からのチャレンジを精油と一緒に陰ながら心から応援したい!と思ったのでした(*^^*)
そして私もがんばるぞー!

 

 

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

 

だいぶ秋めいてきましたが・・・・

夏生まれで夏が大好きなので涼しくなるごとに少しさみしいエクラのセラピスト南雲です。

今日はサロンで暖房をつけようか・・・と思うくらい涼しかったです。

サロンの営業部長のボンドも涼しくなると手足をしまってまん丸に。

IMG_20160324_091132

 

そんな中ひっそり活動をはじめた我が家のサフランさん

IMG_20161009_103618キタ――(゚∀゚)――!!

芽が出てきました!!

玉ねぎではありませんよ!サフランの球根です。

このまま放置しておいても花が咲く予定。

寒い季節の芽吹サフランにちょっと心躍った今日なのです。

 
☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

 

マイナスを生まない精油の活用法

この2~3日アロマ三昧のエクラのセラピスト南雲です。

先日、はじめてアロマの勉強をした「アロマテラピーの学校」の恩師でもある久保田いずみ先生の「アロマテラピーの安全性・危険性~マイナスを生まない精油の活用法」というセミナーを受けてきました。

 

精油の使用方法について、最近お客様からも質問をよく受けるようになりました。

最近では精油の使用方法で原液を塗布や、飲用などの使い方を推奨しているメーカーもありますよね。

 

精油は日本では「雑貨」扱い。医薬品でも化粧品でもありません。

だからこそ、使い方はユーザーに任されていて、生活のエッセンスとして気軽に手に取れるのです。

ただ、あなたの手にしている小瓶は本当に「精油(エッセンシャルオイル)」でしょうか?

 

私の所属しているAEAJ(日本アロマ環境協会)の精油の定義をみてみましょう。

「精油(エッセンシャルオイル)は植物の花・葉・果皮・果実・心材・根・種子・樹皮・樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性芳香物質である。各植物によって特有の香りと昨日を持ち、アロマテラピーの基本となるものである。」

となっています。

 

そう、天然の素材、有効成分を高濃度に含有しているんです。

 

精油について勉強をしていて、作られる過程の植物を蒸留しているところをみれば、植物からとれるエッセンシャルオイルがどれほど高濃度かわかります。

 

そして天然の素材なのです。天然のオイルはそのままでは水にとけることはありません。

 

このようなことを知っていれば原液塗布や水に溶けて飲用できるものが本当の精油かどうかちょっと疑いたくなりますよね。

 

先ほども書いたように精油の使用方法はユーザーに任されているんです。

 

私は精油やアロマテラピーを伝える立場として絶対に精油で幸せになってほしいです。

 

そのためにも、本当の「精油」を安全に正しく使ってほしいと願ってやまないのです。

kubotateacher

 

 

 

 

 

 

 

精油への思いを熱く、そして愛情いっぱいに語る久保田先生。久保田先生と会うことがもうすばらしいセラピーなのです!!本当に心を揺さぶるすばらしいセミナーでした。

 

 

 

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

アロマテラピーと勉強会

 

blog2016926

ネロリの精油がきっかけでアロマセラピーの勉強をはじめたエクラのセラピスト南雲です。

 

どんな仕事もそうだと思いますが、勉強って本当に終わりがないですよね。

私もアロマテラピーの資格を取得してから10年以上になりましたが、まだまだ勉強したいですし、しています。

今でも興味のあるセミナーなどには積極的に参加しています。

特に今年は積極的に勉強の場へ足を運んだり、会いたいっと思っていたセラピストの方に会いに行っているのですこしづつブログに書いていきますね。

 

昨年からアロマテラピーのスぺシャリストの集団である精油の学校の藤原綾子先生が主催している「魔女のアロマセラピー研究所」にメンバーのひとりとして参加させていただいています。

この魔女ラボ(魔女のアロマセラピー研究所の略)、「精油が好き」って軽々しく口にできないわってくらい「精油を愛している」メンバーが揃っているんです。

今日はそんなメンバーから「精油の化学の基礎」の勉強会に参加してきました。

 

 

実は11月17日(木)に魔女ラボ主催で近畿大学農学部の助教授である富先生をおよびして行われる精油の化学的分析方法のプレ講習として行われた勉強会です。

 

化学式をみると眉間にしわがより、唇がとんがってくるという現象のおこる化学苦手な私も、がんばって理解しなきゃとやる気を起こさせてくれた勉強会でした。精油を理解するうえでは避けることのできない道なんですよねえ。

 

そんな魔女ラボ主催のイベントや講習会が目白押しな9月末。エクラのお客様にも有益なお話やワークもあるのでサロンで生かせるよう、そしてブログで紹介していこうと思っています!

 

☟ぽちっと応援お願いします。


にほんブログ村

ナチュラルコスメあれこれ・・・ファンデーションの巻

ナチュラルコスメ好きですが、シャンプーはナチュラルなもの(特に石鹸シャンプー)だと髪がごっわごわになるエクラのセラピスト南雲です。

 

もともとはとっても無精者です。お仕事柄フェイシャルメニューなどもご提供していますので、コスメとかスキンケアとか面倒くさいなあ・・・というわけにもいかず、加えてアロマテラピーを軸にしていて、相性的にもなるべくケミカルなものが排除されているコスメを使用したいと思っているのでナチュラルコスメと歌っているコスメはいろいろ試しております。

 

ナチュラルコスメについて少しづつ書いていこうかと思い立ち、まずはファンデーションから。

 

私の存じ上げているきれいなアラフィフの先輩方はほとんどの方が声を大にして「40過ぎたらファンでの厚塗りは絶対に老けてみえる!」というのです。とはいえ、ノーファンデではいられない場面も多々あり、なるべく薄付きで肌がきれいに見えるものを選んでいるようです。

 

ナチュラルコスメは名前のとおり、厚付きにならないものが多いのですが、ちょっとカバー力がたりなかったり、時間がたつとくすんだりするものもあります。

くすまないナチュラルなルーセント(粉)の見つけ方としてまず手に取ってそのあと水で溶いてみましょう。色がくすんできたら肌の上でも同じことが起こっているので避けたほうがよいです。化粧品カウンターなどでやると嫌がられますが(+_+)

カバー力が足りないなと思ったら気になる部分にのみコンシーラーを使用すれば厚塗り感が避けられます。

 

現在、私のメイクボックスに入っているファンデーションはざっとこんな感じです。 cosme

真の一番左側が最近購入した「Tv&Movie」
下地も粉もピンク系です。こちらは皮脂を味方につけてメイクと皮脂の調和をさせて、化粧崩れやくすみを防ぐというキャッチコピーが気になって購入したもの。
確かにこの中では一番くすみにくいかもしれません。ピンクの色合いも肌になじんできます。
夜になると顔色のくすむが気になる!というかたに特におすすです。

 

そのおとなりのナチュラグラッセは何本かリピートしているブランドです。やはり下地はピンク系で、これをつけると「化粧品変えた?」と聞かれたり「肌がきれいになった」といわれることが多かったです。なじみやすく時間がたつとほぼノーメーク状態になってしまいます。
下地が夏用のサラサラのものと冬用の保湿タイプがあるので夏と冬で皮脂の出方に差がある方におすすめです。

 

そのおとなりは「babuー(バブー)」こちらはBBクリームなので下地もファンデも兼ねています。そして汗や皮脂にも強いです。
適度なカバー力もあります。化粧直しはこちらをダイレクトに。

軽いので重ねても厚塗り感がでずにナチュラルな仕上がりです。粉は透明タイプです。

下地いらずなので面倒くさがり屋さんにはありがたいです。適度な保湿とカバー力でバランスがよいです。ただ、BBのカラーが1色なので色味が合わない場合は使用が難しいです。

最後は「ロゴナ」 こちらはカバー力、持続力ともにちょっと物足りず、くすみ感もでるのであまり使用していません。

すごくしっとりして肌にはよさそうなのですが・・・・。

 

そしてナチュラルファンデーションについてひとつ追記したいことがあります。

どのブランドも共通で石鹸で落ちると書いてありますが・・・・完全にはとれませんでした!洗顔後試しにコットンでふいてみたら、結構残っていました。

クレンジング剤を使ったほうがよさそうです。

なかなか使いきれないのでもったいないのですが、進化したナチュラルファンデが続々と登場するのでいろいろと試していきたいと思っています。

またしばらくしたらレポートしたいと思います!