ナチュラルコスメあれこれ・・・ファンデーションの巻

ナチュラルコスメ好きですが、シャンプーはナチュラルなもの(特に石鹸シャンプー)だと髪がごっわごわになるエクラのセラピスト南雲です。

 

もともとはとっても無精者です。お仕事柄フェイシャルメニューなどもご提供していますので、コスメとかスキンケアとか面倒くさいなあ・・・というわけにもいかず、加えてアロマテラピーを軸にしていて、相性的にもなるべくケミカルなものが排除されているコスメを使用したいと思っているのでナチュラルコスメと歌っているコスメはいろいろ試しております。

 

ナチュラルコスメについて少しづつ書いていこうかと思い立ち、まずはファンデーションから。

 

私の存じ上げているきれいなアラフィフの先輩方はほとんどの方が声を大にして「40過ぎたらファンでの厚塗りは絶対に老けてみえる!」というのです。とはいえ、ノーファンデではいられない場面も多々あり、なるべく薄付きで肌がきれいに見えるものを選んでいるようです。

 

ナチュラルコスメは名前のとおり、厚付きにならないものが多いのですが、ちょっとカバー力がたりなかったり、時間がたつとくすんだりするものもあります。

くすまないナチュラルなルーセント(粉)の見つけ方としてまず手に取ってそのあと水で溶いてみましょう。色がくすんできたら肌の上でも同じことが起こっているので避けたほうがよいです。化粧品カウンターなどでやると嫌がられますが(+_+)

カバー力が足りないなと思ったら気になる部分にのみコンシーラーを使用すれば厚塗り感が避けられます。

 

現在、私のメイクボックスに入っているファンデーションはざっとこんな感じです。 cosme

真の一番左側が最近購入した「Tv&Movie」
下地も粉もピンク系です。こちらは皮脂を味方につけてメイクと皮脂の調和をさせて、化粧崩れやくすみを防ぐというキャッチコピーが気になって購入したもの。
確かにこの中では一番くすみにくいかもしれません。ピンクの色合いも肌になじんできます。
夜になると顔色のくすむが気になる!というかたに特におすすです。

 

そのおとなりのナチュラグラッセは何本かリピートしているブランドです。やはり下地はピンク系で、これをつけると「化粧品変えた?」と聞かれたり「肌がきれいになった」といわれることが多かったです。なじみやすく時間がたつとほぼノーメーク状態になってしまいます。
下地が夏用のサラサラのものと冬用の保湿タイプがあるので夏と冬で皮脂の出方に差がある方におすすめです。

 

そのおとなりは「babuー(バブー)」こちらはBBクリームなので下地もファンデも兼ねています。そして汗や皮脂にも強いです。
適度なカバー力もあります。化粧直しはこちらをダイレクトに。

軽いので重ねても厚塗り感がでずにナチュラルな仕上がりです。粉は透明タイプです。

下地いらずなので面倒くさがり屋さんにはありがたいです。適度な保湿とカバー力でバランスがよいです。ただ、BBのカラーが1色なので色味が合わない場合は使用が難しいです。

最後は「ロゴナ」 こちらはカバー力、持続力ともにちょっと物足りず、くすみ感もでるのであまり使用していません。

すごくしっとりして肌にはよさそうなのですが・・・・。

 

そしてナチュラルファンデーションについてひとつ追記したいことがあります。

どのブランドも共通で石鹸で落ちると書いてありますが・・・・完全にはとれませんでした!洗顔後試しにコットンでふいてみたら、結構残っていました。

クレンジング剤を使ったほうがよさそうです。

なかなか使いきれないのでもったいないのですが、進化したナチュラルファンデが続々と登場するのでいろいろと試していきたいと思っています。

またしばらくしたらレポートしたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>