自然派化粧品ってほんとうにシンプル?

肌のしくみやスキンケア本はいろんなジャンルに手をだして読んでいるので迷走もたまにする(汗)エクラのセラピスト南雲です。

 

20161006blog

 

 

 

肌や化粧品の本の一部です( *´艸`)

 

 

私はあまりアメブロの読者登録していないのですが、数少ない読者登録をしている方のひとり、かずのすけさんの今日のブログ

http://ameblo.jp/rik01194/entry-12206814582.html

 

エクラもナチュラル・オーガニックケアを推奨していますし、私自身もオーガニック化粧品が大好きなセラピストとプロフィールに書いてますので誤解を生むかしれないのですが。。。

そうなんですよ。植物の成分、天然成分をふんだんに使っていること=化学物質が入っていなくてシンプル!だから安全!みたいに思っている方も多いと思うんですよね。

じつはこのブログにもあるように、植物ってじつはとっても複雑。

天然100%の精油だって化学物質だらけなんですよ。

アロマテラピーの資格を取りに学校に通ったことのあるひとであれば「精油の化学」というちょっと苦手な授業(個人的な感想)があったことを思い出しますよね?

 

というわけで、私は現在、サロンでは取り扱っているオーガニック化粧品を「オーガニックやナチュラルコスメは、天然成分が多いから安全なんですよ~!」というすすめ方はしていません。そもそも、日本では「オーガニックコスメ」の基準はとってもあやふや。

じゃあなぜサロンではオーガニックコスメと呼ばれているものを中心に使用しているかというと私の場合はまず香りに惹かれたからです。

精油に長年触れていると、人工香料の香りたっぷりの市販化粧品がどうにもこうにも好きになれないのです。

かといって毎日のスキンケアは楽しくないと続かないので無香はつまらない。

 

そして未知な部分も多いですが(人口的に作られた物質も肌への作用は未知な部分が多いと思います)植物のパワーはとってもパワフルだと感じているので自分の肌に合う化粧品がみつかればすごくよい効果を発揮してくれるんじゃないかと信じて今だに時々肌荒れを起こす時もありますがいろんな化粧品を試しています。

そしてもう一つのポイントとして化粧品をつくる生産者の思いに賛同したメーカーを選んでいます。

本当はこの化粧品を使うと整形なみに速攻で肌が変わりますよーとか言えるといいんですが、スキンケアは1日にしてならず。

まちがった洗顔方法やうっかり日焼けをしているとなかなか化粧品の効果もあがりません。→これは長年私もやってきてしまったこと(+_+)

 

これからはもっともっと毎日のホームケアのアドバイスに力を入れていきたいと感じるのです。

 

☟ぽちっと応援お願いします

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>