給水所

こんばんは。宵っ張りのエクラのセラピスト南雲です。

 

昨日は鍼灸あんまマッサージ師の学校に通うまでを書きました.

不妊治療はいったんお休みし、学校通いとお仕事に集中した結果、子供のいないディンクス家族ですが、それはそれ、今も後悔はありません。でも、両親や夫にはわが子、わが孫をだっこしてあげられなかったことに申し訳ないなという気持ちは今でもあります。でも、それも自分で選択したことなので、今やり始めたことに集中しなくては!と鼻息荒く勉強していました。とにかく引き出しにギューギューと道具をつめないと落ち着かなかったのでいろいろなことを積極的に学んできました。今考えると「資格」にすごくとらわれていた時期もあったと思います。

 

そして会社員を辞めてこのお仕事を始めて11年目の今、あんなにヒーヒーぜーぜーしながら学んだ鍼灸をメインではなくアロマテラピーやフェイシャルを軸とした施術スタイルを続けています。

いろいろとこれからも勉強は続けいきますし、これで完璧となることがないところがおもしろいお仕事だとも思っていますが、いろいろと引き出しに道具をつめても、結局は自分が一番好きな道具を使っているということが最近になってやっとわかってきました。そしてその方がお客様にとってもよいのではということも。

 

そしてこれからエクラがどんなサロンでありたいか・・・・・考えてみました。

 

例えるならマラソンの給水所。

目標に向かって突っ走るランナー(お客様)がしんどくなったら立ち寄り、お水(施術)を渡す。水分を補給したランナーはまた再び走り始める、コースはひとりひとり違うけれど、再び走り始めたランナーを「がんばれ!」と見送る。伴走するのではなく、いつもここでお水持ってまってるからね。飲みたくなったらいつでも来てね。という感じ。

そんな風な場所であれたらと思うのです。

 

2017年の下半期、じつは悲しい出来事があったけれど、サロンについて改めて考えるきっかけになったことをありがたく思わなければ。

 

3日間まとまりのないブログにお付き合いいただきありがとうございました!!

 

エクラは今日もお水を用意してお待ちしております(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>